社会活動

環境への取り組み

①「環境保全活動」は身近なところから

毎日の積み重ねで出来ることを全員で確実にそして継続的に取り組み、その先に「環境保全活動」がある・・・そんな風土を醸成しています。
その一例として・・・
〇節電・・・照明を一つひとつのエリアでこまめに管理。離席の際は消すことが習慣となっています。
〇紙削減・・・各職場単位でペーパレス推進運動を推進。在庫表の紙での情報共有を「スマートフォン」配信に切替える等のアイデアも生まれ実践しています。

②ISO14001の取得

事業活動の中で環境保護、ロス削減、省エネルギー、資源の有効活用、廃棄物の削減、環境汚染の予防につとめ企業責任を果たして行きます。
法規制への対応や従業員への環境教育と環境啓発を進め、継続的に「環境保全活動」を実践して参ります。
こうした行為を通じ、弊社本社工場は2016年2月にISO14001:2015を取得いたしました。

a

安心安全への取り組み

①品質改革室の取り組み

『安心安全』を全てに優先した取組みを会社をあげて取り組んでいます。
その一例として・・・
〇”安心安全は一人ひとりの意識から”の観点で基本知識の習得から各職場での正しい実践を「品質改革室」が中心になり進めています。
〇製造した商品は金属探知機、X線センサー等によるチェックと細菌検査の化学的チェックを並行して実施しています。

②顔が見える野菜の取り組み

農家の皆さんと協力して「安心安全」な野菜をお届けしています。
その一例として・・・
〇国内の各地の適地適産に取り組む農家を厳選し、土壌検査から栽培方法まで確認。
〇農薬や化学肥料の使用を抑え、放射能物質も継続的に検査しています。

③今よりもっと良くしようの取り組み

全ての業務でみんなの知恵・工夫により”もっと良くしよう”活動を進め「安心安全」面でも様々な改善を進めています。
その一例として・・・
〇作業時の服装を”より清潔に”の視点で継続使用の仕様から使い捨てタイプに変更しました。コスト的な課題もクリア出来ました。
〇だれでもキチンとした衛生的な作業体制に入れる様に、各工程(ローラー掛け、手洗い等)はタイマーで時間を決め、手順もマニュアルに沿って取り組む様に改善しました。

④工場一斉清掃

食品製造会社にとり工場は命。その工場を部門関係なく全従業員が交代で定期的に清掃活動を実施し「安心安全」の一歩にしています。

〇普段の清掃では手の届かない天井や機械の裏側等まで清掃。
〇チーム毎に持ち場を競って磨き上げることで、達成感と”自分達の工場”の意識を高めています。

⑤ISO22000の取得

食品製造事業の中で、お客様の安心・安全を確保することを目的に、各法令の遵守は勿論のこと、各製造工程の明確化と記録管理、アレルゲン汚染を含めた危険個所の洗い出しを進め、事故防止のための管理手法の確立と維持に努めております。
これらの活動をより効率的且つ確実に実践するため、弊社本社工場では食品安全マネジメントシステムとしてISO22000:2005を取得しました。

a

地域社会との取り組み

①掃除に学ぶ会

「掃除を学ぶ会」に定期的に参加し、自らの”こころを磨く”と共に地域の皆さんと交流をしています。
今年で参加も2年目に突入。3月入社の新入社員も参加し、従業員の清掃スキル・心構えも格段にレベルアップしてきています。
〇隣の茨城県の中学校をお借りしたトイレや施設の清掃を、従業員が交代で参加し、技術を学んでいます。
〇中学生やその父兄の皆さんと”ただひたすら綺麗に”の共通の思いで清掃に励み、ピカピカになった施設を見て喜びを共有しています。

②おおとね商工夏祭り

地元(加須市)の夏祭りに積極的に参加しました。
工業団地の皆様をはじめ地元の皆様との交流を深めながら、焼きそばや餃子、炒飯など弊社自慢の商品を販売しました。
今年は、よさこいソーランチーム「懸河」を立ち上げ、ベトナム実習生や新入社員など若手従業員が一致団結し、お祭りを盛り上げました。

③クリーン作戦・美化活動

従業員全員で定期的に会社周辺のクリーン作戦(ゴミ拾いや雑草取り)を実施して環境美化に努めています。

〇ごみを一つ拾えば、その分だけきれいになる・・・そんな意識が一人ひとりに芽生えています。
〇季節の花で気持ちも豊かに・・・清掃後に自分達で季節の花を植えています。毎日の通勤も楽しくなります。

④夏休み野菜収穫体験

お子様を対象にした地域交流の一環で、産直産地の群馬県昭和村で小松菜ととうもろこしの農家さんのご協力をいただき実施しました。
農家さんの説明から実際の収穫体験では”採ったぞ!”の歓声。そして採れたて野菜の試食会では野菜が苦手なお子さんの”美味しい”の笑顔も有りました。

a

一人ひとりの力の結集

①研修制度

一人ひとりの従業員は財産・・・弊社では様々な研修制度や公的資格の取得も後押しする制度を導入。年二回の自分の進路についての意識調査を実施し、本人の努力と成果が生きる職場を目指しています。
一例として
〇新入生の田植え体験・・・7&iグループの同じ事業会社のライフフーズさんの研修に弊社の6名の新入社員が参加。携帯電話、TV無しの環境を含め、一緒の作業を通じ「仲間意識・助け合い精神」などを学びました。春に自分達が植えた苗にはしっかりと実が入り、重たくなった稲穂を手に取り、自然の恵みを実体験。こんなに美味しいご飯は、生まれて初めて・・・そんな感激と一緒にみんなで味わいました。

②実習生の歓迎式~

弊社では2016年度から初めてベトナム実習生を18名迎え入れました。一人ひとりを大切な社員として育成し、仕事は勿論ですがたくさんのことを学ぶことを後押ししています。
〇歓迎パーティ・・・入社式の後に入国後一ヶ月で不安になり始める時期のケアも含めて催しました。少し硬い表情が、みんな明るい表情になり元気に大きな声で応えてくれました。
〇職場研修・・・各職場のローテーションで担当し、夕方には反省会。そうした流れで仕事にも慣れ、徐々に職場が明るく活気は出て来ています。

③イベント(チームワーク)

一年の4~5回、部門持ち回りで様々なイベントを開催。実施までの創意工夫、協力しての会場作り、そしてイベントも参加するからには努力して優勝を目指す・・・そこに自然にチームワークが生まれ、勝敗に一喜一憂。年齢を越え、国籍を超えたひとときの笑いが有ります。
一例として
〇ベトナムと日本の架け橋競争・・・ベトナムの伝統競技の「ダーカウ」を真似てのボール入れ、日本のけん玉、変形ストローでの一気飲み(写真)の連続技のスピード競技を実施。なんとベトナム実習生チームが圧倒的な速さで優勝しました。

④誕生日カード  ※一人ひとりを大切にが基本理念

全従業員の誕生月に社長よりメッセージ入りのバースデーカードがご自宅に届きます。日頃の感謝の気持ちが込められたカードは大好評です。
アイワイフーズ(株)は、一人ひとりの力の結集で”今日より明日が一歩前進”している会社を目指しています。

⑤本社工場 親子見学会

普段忙しく働いているお父さん・お母さんの会社はどんなところ?・・・それをお子さんに知っていただく「会社・工場見学会」を夏休みのお楽しみ企画として実施しました。
工場ではローラー掛け、手洗いの衛生管理の厳しさを体験し実際の製造工程を見学したり、事務所ではお父さんの椅子に座ったりして楽しく過ごし、貴重な体験になりました。

a